組込みシステム開発技術展[ESEC]2018出展の報告

組込みシステム開発技術展[ESEC]2018出展の報告

【ESEC】2018出展のご報告

2018年5月9日(水)~11日(金)の3日間に渡って東京ビッグサイトで開催されました
「組込みシステム開発技術展(ESEC)」に出展させていただきました。

多数のお客様に弊社(金沢エンジニアリングシステムズ)のブースへと足を運んでいただき、誠にありがとうございます。
この場をお借りしまして、厚く御礼申し上げます。

今回は、KESが取組んでいる、組み込みソフトウェアの開発実績を活かしたソリューションを紹介させていただきました 。

  • ProBlock
    ・必要な機能(ブロック)だけをつなぎ合わせて、「無限の可能性を実現」できる
    ・施策見当から実運用への応用も可
    ・プログラマブル開発で自由に実装可(ソフト開発の請負できます)
  • IoTソリューション
    製造業等で既設のPLCをIoT化するシステムの導入事例をご紹介させていただきました。
  • 遠隔作業支援「near VISION」ウェアラブルグラス(メガネ型PC)
    現場とつながる、「遠隔支援システム」の導入で、経費削減・工数の最適化・人材育成など、あらゆる業種で、活用が期待されているウェアラブルデバイスの活用事例を実際の製品を使って説明(デモ)させていただきました。
  • ROSフルカスタム
    ROS+JETSON・TX2 のフルカスタムによる自動人追従による台車の制御をデモ展示
  • 目視検査からの脱却「eMiL」
    目視検査の工程から脱却する最初の段階として、安価で検査システムを導入できる製品を紹介しました。

これからお客様と一緒に、ソフトウェア開発の実績をもって、御社の改善/解決に向けたお手伝いをさせていただきます。

各製品の詳しい情報や組込みソフト開発のあらゆるご相談はお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

業務に関するご相談・資料請求・技術者に関するご質問等
随時受付しております。
こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

Top