FAQ/自社製品 技術

KESが開発/販売しております、自社製品の技術に関するFAQ

複数のPLCを設定できる、compモデルに限り可能です。
同じPLCを複数設定することで、異なる周期を設定することができます。

下記プロトコルを利用している機種であれば接続可能となります。
三菱電機 MCプロトコル、オムロン FINSコマンド、キーエンス上位リンク、Modbus TCP、Modbus RTU、Modbus ASCII 対応

下記のクラウドサービスに接続可能となります。
Microsoft Azure、AWS IoT、ソラコム、Kintone、ICC(SBT)

Modbus、I/O接点のセンサーであれば可能です。
詳しくは担当者にご相談ください。

お問い合わせ

IoT HubはTLS/SSL通信が前提となります。
また、ConnectionStringによる認証が行われております。

対応しておりません。
HTTPサーバーを使用してください。

まず、PCでcurlコマンドにてデータ送信し、サーバーで受信できるか確認してください。

DI/DO使用するにあたり、外部でプルアップしてご使用ください。
プルアップ電圧は30V以下でご使用ください。

High:1V以上※
Low :0~0.6V
※外部プルアップ抵抗を使用する場合、プルアップ抵抗の定数とゲートウェイ内の抵抗の定数で分圧されるのでご注意ください。

外部プルアップ24Vで使用する場合(外部にプルアップ抵抗がない場合)以下となります。
24V / (10k + 470)Ω≒2.3mA

読み取るメモリが連続していると、ハンドシェイク回数が減るため高速になります。
※連続していないと周期を守れなくなる可能性があります。

喜んでご対応させていただきます。
担当者までお気軽にご相談・お問い合わせください。

お問い合わせ

はい、有線LANで接続できる機器であれば特に制限はなく接続が可能です。

VPN接続とは違い、VPNサーバー等の設定は不要です。
接続して電源を入れるだけで繋がります。

現状は対応しておりませんが、今後、対応することを検討中です。

通信回線の環境/品質に依存しますが、弊社環境下での測定結果は約3Mbps、10MBをダウンロードで、27秒です。

下記5点にてセキュリティを実施しております。

  • モバイル回線を利用している為、プライベート IP なのでインターネット側から攻撃を受けにくい(有線LANモデルのKES P2P Link.CUBEは除く)
  • 親機、子機ともにファイアウォールによりガード
  • P2P によりゲートウェイ間に中継経路を持たない
  • 独自 Block 暗号により暗号化
  • 子機に接続した PC からインターネット側へアクセス不可

有線LAN接続モデルとして「KES P2P Link.CUBE」がございます。

管理アプリケーションから確認ができます。

制限はありません。
ローカルで接続したときに利用できるアプリケーションであれば問題無くご使用していただくことができます。

設定等は必要ありません。
LANケーブルを接続して電源を入れれば自動で接続されます。

喜んでご対応させていただきます。
担当者までお気軽にご相談・お問い合わせください。

お問い合わせ

標準では屋内利用を想定しております。
担当者まで別途ご相談・お問い合わせください。

お問い合わせ

Top