画像処理をAIで

画像処理をAIで

最近の画像処理のトレンドとは?

創業当時から画像処理によるシステム開発を行ってきました。
カメラによる入力系の画像処理では、
・基板検査装置
・超音波探傷
・ゴルフのスイング解析…等
出力系の画像処理では、
・LCD(液晶)の表示
・SOCドライバ開発…等
多岐に渡る画像処理を経験してきました。
昨今では画像処理にAIが使われるようになり技術は進化しております。

AIを活用した物体認識

最近は画像処理にAIが頻繁に活用されるようになってきました。画像処理でAIを活用する方法は既に成熟市場と言われています。

AIに正解、不正解画像を学習させ、特徴抽出させます。
20,000枚程度の画像で学習させると、もちろん検出したい物体にもよりますがおよそ95%程度の正解率で検出する事が可能となります。
ただし、AIに100%を求めるのはナンセンスであり、うまく利活用する事がポイントとなります。

100%を要求される画像処理

AIを活用した画像処理で100%を求めるのはナンセンスです。
100%が求められる場面では、やはりレガシーな画像処理が向いています。
それでも100%を求めることは、やはりコスト的にも高くなってしまう為、ある程度の妥協ポイントを出しつつ、うまく判断できるエコシステムを作ることが最良かと考えてます。

AI、または従来での画像処理を業務に導入ご検討されておられましたら、ぜひお気軽にKESまでご相談ください。

お問い合わせ

業務に関するご相談・資料請求・技術者に関するご質問等
随時受付しております。
こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

Top