クラウド接続編

概要

機材、事前準備、設定の流れを説明します。

必要な機材

下記の器材があることをご確認ください。

  • PC
    下記をあらかじめご準備ください。
    ・Chromeのインストール
    ・Wi-Fi、またはモバイル経由でインターネットへ接続
  • USB LANアダプタ / LANケーブル
    PCにLANポートがある場合はアダプタは不要ですがIP設定を固定し切替ながらセットアップするため、専用に1つあると便利です。
  • KES IoT Logic
  • SIM ソラコムの場合はSIMカードが必要です。
  • アカウント
    クラウドの設定を行うため、設定可能なアカウントをご用意ください。

KES IoT Logic セットアップの流れ

生産設備や産業機械で接続するネットワークでは、固定IPで行うことが一般的です。(DHCPは使われていません。)
KES IoT Logic(以降GW)は、出荷初期設定のIPアドレスが「192.168.253.253」になっていますので、セットアップの流れとしては、下記のようになります。

  • ①LANケーブルで直結し、クラウドへ接続するためのモバイル側の設定、FAへ接続するための有線LANの設定を行います。
  • ②クラウドへの接続を確認します。
  • ③現場のネットワークへ接続します。
  • ④PLCからの収集設定を行います。
  • ⑤実運用

今回のハンズオンの目標は、① GW の設定を行い、クラウドへデータ送信できることを確認する です。

GWとPC接続の流れ

初期出荷設定の GW に接続できる環境を用意します。
セットアップPCの IPアドレス を GW の初期IPアドレス「192.168.253.253」に被らないアドレスにします。

  • ①-1.ネットワーク設定より「192.168.253.xx」に設定。
  • ①-2.KES IoT Logic とLANケーブルにて直結します。
  • ①-3.KES IoT Logic にブラウザ「Google Chrome 」でアクセスします。
    ※GWのIPは現場の機器と被らないアドレスにします。また、PCも現場のネットワークに接続する場合、同じく被らないアドレスに設定します。

クラウド設定の流れ

GW の設定と合わせてクラウド側の設定やデータアップの確認を行いますので、2系統のネットワーク(GWと接続したネットワークとインターネットへ接続できるネットワーク)へ接続してください。
この際、ネットワークアドレス部が被らないようにする必要があります。ご注意ください。

事前準備

GWに繋ぐまでの事前準備となります。

PCからGW設定を行うための事前準備

01

Widowsスタートボタンを右クリックし、ネットワーク接続を選択します。

02

「イーサネット2」を右クリックしプロパティを開きます。

ネットワーク接続から直接、この画面に来ない場合は、
「コントロールパネル -> ネットワークと共有センター -> アダプタの設定の変更」と進んでください。

03

①「インターネット」プロトコルバージョン4(ICP/Pv4を)選択します。

②「プロパティ」ボタンをおし、開きます。

04

①固定IPをセットします。
このときGWと被らない設定にしてください。

②「OK」ボタンをおし、閉じます。

05

GWとLANケーブルで接続します。

LANポートが2個口以上ある場合、ネットワーク接続にて設定したLANポートと接続してください。
直結でもIPを割り当てるのは、Wi-Fiやモバイル回線のネットワーク接続と共存させルーティングを明確にするためです。

05

GWに電源を入れます。

GWが起動し、ブラウザアクセス可能になるまで、1,2分程度かかります。

06

赤枠に「192.168.253.253 」を入力し開きます。

07

ユーザー名「admin
パスワード「12345678
でログインします。

08

ログインできれば、PCとGWのネットワーク設定は問題ありません 。

GW 設定を行うための事前準備は完了です。

クラウド設定

各クラウドごとの設定に移ります。

Top