カルガモのように脚に追従

カルガモのように脚に追従

カルガモのように脚に追従

大量搬送シンプルに実現する台車

磁気テープによる自動搬送車(AGV)やベルトコンベア、これらの導入コスト、ランニングコスト、運用方法、効率化を考えるとキリがありません。
いたってシンプル、「人の脚に追従する台車」を開発しました。
台車の前に立つことで人と認識、その人の脚に追従して大量輸送を実現します。各種センサーにより障害物も回避できます。また、複数台を数珠繋ぎに走らせることも可能です。

ロボカップから実用へ

実はこの技術、キッチンやリビングといった日常生活の場での人間との共同作業を追求する「Robocup@Home」で生まれた技術で、金沢工業大学の出村研究室のチームが研究開発したものにKESが産業用途にアレンジを加えた技術となります。 出村研究室とは長年、共同研究や技術交流をやってきました。 「この技術を産業界に応用したい」との想いが一致し実現しました。

唯一無二のカスタム対応

実は「Robocup@Home」から生まれた技術は他社様でも実現できてます。
KESの強みは既製品では無く、現場のニーズに合った唯一無二の製品を作れることです。既製品は既製品の素晴らしいクオリティがあります。しかし、本当に自社の工場や倉庫、部品・部材・可搬重量に合ったシステムになっているますか?もしそうでなければ、現場に合った良いものを作り上げることをお勧めします。

自動搬送車は移動ロボット

自動搬送車は様々な現場で大活躍しています。
それは移動ロボットです。固定ロボットは同じ行動を何回も繰り返すことが仕事になりますが、移動ロボットには自律走行が求められます。
KESは自動搬送車に限らず移動ロボットとしてのドローンも開発しております。自動車の完全自動運転Level4を実現するとなると、さすがにお手伝い程度が限度だと思いますが、移動ロボットをお考えの方、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

業務に関するご相談・資料請求・技術者に関するご質問等
随時受付しております。
こちらからお問い合わせください。

Top